« カルテ開示 | トップページ | 少しの無理が・・・ »

あれから107日目の今日

CML(慢性骨髄性白血病)と診断されてから、107日が経った。

7月の末、記録的に暑い夏のその日の風景を鮮明にいまでも憶えている。

その陽射しの具合、湿気の加減、となりを無言で歩く旦那の足音、果てしない絶望感・・・。

【あと、私はどれくらい生きられるのだろう?】・・・そればかりが、頭を巡っていた。それはまるで、死刑宣告されたかのように絶望的だった。でも多分受け入れることが出来ていなかったのだと思う。

『白血病か・・・』

何の説明も、医師から受けていなかったので(ネットで調べてくれと言われた)余計混乱し、でも混乱してもしかたない事もわかっていた。

グリベックを処方され、その金額に驚き自宅へ無言のまま帰宅した。

その後の副作用がこんなにしんどいとは、その時思いもしなかった。

『もう半年もすれば、楽になるからね』

と、今月の始めに新しい主治医は微笑んだ。その言葉だけでも救われた。

2週間ほど前から、手指、耳、足裏、ふくらはぎ、大腿に湿疹やかぶれ、かゆみがひどく眠れない程だったが、だいぶ楽になった。同じ病院の皮膚科にかかったのだが、足先、足裏のかぶれとかゆみは残っている。正直、原因はわからないらしいのだ。【多分、グリベックの副作用だと思われる】ということらしい。こちらとしては、楽に日々過ごせればそれで十分だ。

精神的な不安定さも、だいぶ安定。不眠は眠剤に頼ってはいるが、以前に比べれば眠れている。嘔吐もなくなったし、下痢もしなくなった。

ただし、むくみと体重の異常な増加(プレドニンの影響もあるらしいが)はひどい。後日それぞれの改善法なども含めて詳しく書くことにしよう。今は、カロリーと体重、体脂肪など詳しく毎日つけて、利尿剤をのんでいる。

私の場合は、薬の副作用がひどいので一時的にグリベックを4錠から3錠にしている。

早く薬に体が慣れてくれるのを待つしかない。

あとは、あちこちつる、体が痛い、急に左胸の下が差し込むように痛い(多分神経痛)、あまり長くは動けない、といった感じだ。

これでも8月頃に比べれば、嘘のように改善している。

まっすぐ歩くことも困難だった。

半年後、せめて普通に生活できていることを祈るばかりだ。

« カルテ開示 | トップページ | 少しの無理が・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれから107日目の今日:

« カルテ開示 | トップページ | 少しの無理が・・・ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ